日本の教育について

日本は第二次世界大戦後から高度経済成長期に入って、短期間で大いなる発展を遂げ、日本人の国民性や道徳教育を含めた教育方法により、確実に世界から称賛を受けてきた。日本人の性格といえば、忠実、謙虚、チームワーク、共通意識、他人への尊敬、人間教育の素晴らしさ、仕事をする真面目さ・

世界における各国の子供教育はどうですか?

「教育を支配する人は世界を変える人です。」–ゴットフリード レイブニズ。何千世代以前から祖先は人間教育・人格と知識の教育・精神と体質の教育の大切さを意識してきました。今日、日本人はまた教育に料理法の内容を追加しています。教育は個人のことではなく、家庭・学校・全社会のことです。教育は幼稚園・小学校・中学校・大学でするばかりか、生まれたばかりのころからすることです。「三日目まで子育てるのは二日間遅れてしまう」と言います。

成功へ導く55原則

アメリカ全国の教育者賞を受賞したRon Clark氏があげた55原則(55必要なスキルともいえる)は単に学生向けのものだけでなく、事務員、教授、医者、政治家など幅広い職業に勤める人々に役に立つ項目がいくつかあると思われている。

子どもに対する緑の空間の利益

現在は子どもが自然、特に緑の空間に接する機会はきわめて少ない。それゆえ、子どもの視力、色覚の能力が下がり、メンタルヘルスに悪影響が及んでいるほどだ。

学校のシンボル

学校のシンボルは赤い丸で、日本の国旗にある太陽を表し、またベトナムの国旗のシンボルカラーであり、赤地にピンクの桜と黄色の五芒星を配置した。長い歴史と伝統文化に親密関係がある両国の友好関係を表す。真ん中に白い丸があり、Japanese International School‐英語の学校名の省略名「JIS」という字が小さく書いてあり、日本国際学校という意味がある。また、白い丸の真ん中にWISDOM という言葉のW字が有り、WISDOMは、英語の言葉であり、日本語へ訳すると叡智ということを意味している。

学校についての紹介

日本国際学校は、幼稚園から高校までの私立の一貫校で、施設・教育カリキュラムに日本の教育理念と方法を取り入れ、ハノイにおいて先進的な教育モデル校である。全面的な教育を行い、生徒に対して優しさ・寛容・内界の深さを教育することに重点を置く。正直・自尊心・豊かな思いやりで、内界規律・チームワーク・独立的な考え・仕事の進め方の能力・革新能力及び優れた市民を育てる。また、国際水準に到達する学生になるための十分な資質を育て、将来の起業家、科学者や管理者になる能力を持つ人間を育成する。

校長からのメッセージ

保護者及び生徒の皆様、