Print: Print this Article Email: Print this Article Share: Share this Article

子ども・青少年の目に関する研究結果の分析は、アウトドア時間が近視になる危険を減らすことに関わると示している。オーランドフロリダ眼科雑誌に載ったイギリスの科学者の研究により、1週間に外出し散歩する時間が1時間増えると近視の進行率が2%下がるということがわかった。10000人以上研究対象にした8件の研究が行われた。結果として、近視の子どもたちは目の障害がない子どもに比べて、アウトドア時間が週に3,7時間少ないのである。農村に住んでいる人や自然になじんでいる人は300種類の色を区別できるが、都会の子どもは色を100~150しか区別できないそうだ。また、5~10歳の男の子の中で10人に一人、女の子は18人に一人がメンタルヘルスがバランスを欠いていると診断されており、11~17歳の子については、この率はより高い。男子は8人に一人、女子は10人に一人という。この10年間で脂肪過多症にかかった6歳の子の人数は2倍も増え、15歳の子の場合は3倍にもなった。2020年まで、全世界の子どもの半分は脂肪過多症にかかると予測されている。

 

 オーストラリア科学者は、テレビ、コンピューター、ビデオゲームの画面をよく見ている子どもには、目の裏側の動脈が画面の照明からある強い刺激を受けたという現象を発見した。一方、野外活動によく参加している子は、網膜動脈の広さが平均2.2Micronであり、運動不足の子と比べて広い。狭い網膜動脈は将来心臓病にかかる危険の兆候だと考えられている。網膜の縮小は電子画面を見る時間と正比例の関係にあり、網膜縮小に当たって心房の血圧に起こった10mmmほどの増加という現象にも関わると言われている。

 

多数の分析により、自然の照明、植物の緑色に触れ合うこと、遠くにある物を見ることそして野外活動は人の視力を保つ効果と色覚力の低下、メンタルヘルスの不全危機、脂肪過多症を防ぐ効果があることが分かった。また、イギリス科学者の最近の発表によると、水疱瘡ウイルスを太陽光線にある紫外線に晒すと感染性が減ることが分かった。科学者は水疱瘡、帯状疱疹といった不快な病気が熱帯にわりと流行っていないことや、温帯の地域におけるこれらの病気の発生が主に紫外線の弱い冬にあることを強調した。

 

しかし、研究者は脳内にあるいくつかの部分は、日光浴する人が紫外線に直接当たるときの血流の増加という症状の前歴に関わることを発見した。そして、日光との接触の多少は感情、鬱病、ホルモンの分泌やビタミンDの量に影響を与えるのである。日光と接することとヒトパピローマウイルスや多発性硬化症や細菌に感染する可能性の増減に結合した研究もある。

 

「外で遊ぶ」という言葉は、親に何回もしつこく特に休みの時間に繰り返されるが、これだけでも野外の活動は健康にいいと証明するのだ。自然や緑の空間になれることは集中力、秩序の力を強化し、精神と体力を改善してくれる。自然と遊ぶと、注意欠陥・多動性障害にかかった子の行為には破壊的行動が少なくなる。子どもは自然の環境と緑の空間をストレスからの回復のために利用し、それで精神障害を減少していくのである。

 

緑の空間のメリット(研究の結果からの具体的な結論)

·     緑の空間で時間を過ごすことの多い子どもは成長したとき、緑の空間によく通い続け、そこは精神の回復やストレス解消の場所だと考えられている。

·      若者にある、森を散歩するときの自信は、小さい頃から経験した森で親の監視が少ないか制限されていない遊びから生み出されたものだ。

·   子どもの秩序正しく行動する習慣の形成過程は家の周りの芝生や木などを見るだけで20%くらい簡単になる。この効果は主に女の子に見られる。

·    緑の空間をよく歩く子どものほうが、人工的な建築空間を歩く子より集中力が高い。

·   校庭や学校のグラウンドはほとんど人工的である。学校内に遊べる自然な場所があれば、いじめが減り、創造的なゲームが増え、子どもの集中力や自信が促される。

·   実際に、自然環境を取り入れた学習カリキュラムで学生の成績が上がった例もある。

·   注意欠陥・多動性障害にかかった子は自然の中に遊ぶとき、また、周りの木々を見るだけで症状が減る傾向にある。

·   自然に触れ合うと、ストレスによる心理的な問題が減少する。特に、ストレスを引き起こす事情を経験した子にとっては非常にいい。

·   学校に行く年齢未満の子どもにとって野外に出かけることは子どもの運動に深く関連している。

·   子どもの身体運動の能力は家の周辺で遊ぶ空間の数と遊ぶ時間に連関している。

·   『なぜ子どもは外で遊ぶべきか』に参考

参考書類:

Trở về đầu trang
Print: Print this Article Email: Print this Article Share: Share this Article