Print: Print this Article Email: Print this Article Share: Share this Article

「教育を支配する人は世界を変える人です。」ゴットフリード レイブニズ。何千世代以前から祖先は人間教育・人格と知識の教育・精神と体質の教育の大切さを意識してきました。今日、日本人はまた教育に料理法の内容を追加しています。教育は個人のことではなく、家庭・学校・全社会のことです。教育は幼稚園・小学校・中学校・大学でするばかりか、生まれたばかりのころからすることです。「三日目まで子育てるのは二日間遅れてしまう」と言います。

違った国は子供の教え方と次の世代に文化を教えることには異なった特徴があり、異なる基本的な資質を持つ人を生み出すとなります。子供が生まれた時から、ユダヤ人の両親は子供たちのための知的な教育、経済運営と外国語の教育に特に関心を持っているので、我々は現在にユダヤ人の名人、偉人や億万長者が多くて、彼らも外国語に非常に得意する民族であることをよく見える。一方、日本人は道徳、協力と特に共同体意識の教育に優れるので、我々は不道徳で、規則を尊敬しなくて、謙虚さの欠如で、堅苦しくなくて、共同体意識を持っていない日本人をほとんどで見ることができない。日本社会は日常的で非常に規律を守る社会である。そして、アメリカ人は独立、自治と個人の自由、個々の役割を教育するに明らかに集中するから、自身と独立性を持ってないし、力を不足で、着実に人生を管理できないアメリカ人もをほとんどで見ることができない。

内容:

ユダヤ民族は世界の優秀で、秀逸な民族たちの一つであり、人類に多くの偉人、成功した実業者と優れた財政管理者を生むし、諸外国語の能力を持っている民族である。多数の教育研究者はユダヤ人が家庭教育を重視して、胎教と早期教育に非常に関心するのを信じています。それが古代時期からユダヤ人のトーラーとタルムード聖書に伝えてきたことは注目すべきである。ユダヤ人に対して、「人生には幼い頃から子どもの教育よりも重要なものはないから、我々は子どもの能力と知恵を最大限に発揮できるようにの方法を見つける必要である」。この結果として、ユダヤ人の両親は世代を通して、潜在能力を発展することや子供の天賦の才を養成することを高く評価して、0-6歳が脳の最も急速に成長している時期で、この時期の子供が知識を習得できるし、早期教育が子供の人間開発の可能を発展して、将来のための強固な基盤を造ることを考慮します。ユダヤ人の両親はいつも子供を次のように教える:「賢人は幸せである」、「学識の位置の法が国王より高い」、「家事の際に知恵を持参したほうが良い」などユダヤ人にとって、本は貴重な資産だけではなく、多くの利益をもたらすため、全ての家族に珍重されるものである。彼らは言語と諸外国語の教育、子供の記憶を小さい時から訓練すること、疑惑の理解、子供が学習または知識の研究と周りの世界を調べるのを刺激すること、財政管理の教育にたいして特に関心しています。最近、ある教育研究者は複数の言語を学んで、話して、多数の言語を同時に使用することがユダヤ子供の脳神経細胞の接続を誘発すると思っています。ユダヤ人の子育てをご覧ください。

日本人が全世界に称賛されて、見上げられるのは彼らの行動経済成長のためだけではなく、日本人の次のような人格も理由である:正直、謙遜、敏感、優れたチームワーク精神、共同体意識、周りの人々を尊敬する、規律を守る精神、仕事で慎重と完璧。そのうえ、日本は世界一番の高い平均余命の国であり、その主な理由は科学的で、適度の食事である。日本人の子供たちは家族と学校のみならず社会から道徳教育をもらう。すべての科目は道徳教育の義務を持っていて、道徳教育は書籍と道徳の科目のみならず日常的な活動で行われる。生徒たちは幼稚園の時から行動規準、挨拶、または両親、先生と年上の人と友達に対する感謝の方法などの日常活動に道徳規則を訓練してもらう。毎朝、子供たちはクラスで並んで、日を始める前に先生に改まって挨拶する。学習と楽しむことには子供たちは適切な状況で感謝と謝罪を使用できるように案内してもらって、注意してもらう。日本人の両親は次のような子育ての規則を信じる:頭が良くて、成績が良いことはいいですが、より重要なのは良い性格を有することである、子育ての環境に関心する、子供に悪い習慣を形成することがない、子供を尊敬する、事実を守る、子供の前に他人にたして絶対嘘つけない、子供の食事のバランスを守る、食事が食卓で行われるはずである。現在、日本人は早期教育に気に付けて、そして、七田先生の0-6歳の教育方法は日本における人気をとって、発展されている。それは精神を抱いて、誰にも愛を育てて、夢と意思を養う教育方法である。「徳育」、「知育」、「体育」、「食育」が基礎としてこの方法は全人格を教育し、右脳を開発することを目的とする。七田先生は右脳を開発する教育が子供たちの学習成績に集中することのみならず、その教育方法の奇跡的な結果の一つがすべての子供たちが優しく調和に知力を発展できて、彼らに感受性、人道精神、想像力と創造力が全面に現れるのだと考える。この方法は人に対する愛を養って、各感覚(聴覚、視覚、触覚など)の間の統一、そして一番大切なのは両親と子供の優れる協力を作成する。では、教育の目標の一つはより良い世界を作ることなので、早期教育と右脳開発教育は世界の将来を形成する。これは愛と協力が基本として発展する教育方法である右脳開発教育の当然な結果である。一方、「左脳開発教育は対抗や競争を養う」-七田先生が言う。最近、日本学校は学生たちに言うまたは行動する前に相手の考えと反応について思い当たることの必要さを教えて、練習することに関心する。というのは自分が相手の立場に立って、相手を害するこを避けられるように行動できる。七田先生は右脳と左脳のバランスを守る教育方法の創始者である。現在、この方法は日本に人気がある。日本風の子育て、日本の教育、幼稚園まで待つのはもう遅くなる、七田教育方法をご覧ください。

我々は大体にヨーロッパ人とアメリカ人が自身で、自立の精神をもって、正直、勇敢で、着実に人生を管理できることをよくわかる。そのことをできるために、欧米両親は子供たちを6-7か月時から一人で眠りに訓練する、つまずくとき自分で立ち上がる、自分で服を着く、食事をする、両親と離れても夏のキャンプに参加したり、旅行できる、大胆なゲームに参加することを禁止しない、自分のもののために争うのを励む。子供たちは自分の問題を決められて、同時にその決定について責任ももっている。欧米両親はいつも子供に、「人生には、自分自身だけに頼ることができる、他人が一番親密な人にも依存しないほうがいい」だと教える。これはアメリカ人の教育概念である。彼らは常に人生だったら、独立になり、自分の問題が自分で解決しなければならないと強調する。それをできたら、生存能力、独立性、他人に依存しない精神を訓練できて、社会の自立した個人になれる。そのため、欧米両親は合理的な合意と原則を作成して、子供たちと相談して、案内して、いつもどこでも励まして、子供たちが自分で行動させる。欧米の両親が子供たちを愛するが、性格をだめにしないで、またその逆に非常に厳しく(非常に残酷と思う人もいる)育てて、教育の原則をいつも維持している。

何がそれらの差別を作り出したでしょうか。確かに主要な要素は家庭・学校・社会における教育である。各国は生まれながらの子から成長になったときまでどうやって教育したか研究がされています。両親たちが世界の各国の子育て方法を参考しやすくなるように、我々は日本風そしてユダヤ風、アメリカ風の子育て方法を概要して上げる。各国の方法を共有するのは両親に早期教育の情報を知識でより広い見方を提供してから、両親が家族の条件と好みに適当な方法を選べるようにできるのを助けられる。最も重要なことは両親がより多くの知識をわかっていると、子供たちも人間愛を高めて、創造性と知恵を発揮するための様々な学習方法に触れ合う機会をもらえることである。その豊富な環境において、子供たちは自分の興味をもっていることを見つけられて、より多くの子供が幸せに熱情をもって、創造できる人生をもらえる。

これらの家庭・学校・社会の教育方法の異なる特徴と利点は世代に伝えて続いて、当然に上記の異なる基本的な性格を持っている人間を形成する。今日科学技術の発達のおかげ、文化交流の活動はますます発展していきます。家庭から学校・社会までの各国の教育方法は親しくなると期待しています。世界における各国の子供教育方法をご参考になるように、以下の日本風・フランス風・ユダヤ人・アメリカ人の子育てという方法をおまとめします。教育における各国のお母さんの共同点を参考にご紹介します。ベトナムの文化と教育方法と比べられて、自分の子供を教育することに学校・社会と協力できるようによいことを勉強になれると信じています。

·       それらの国のお母さんは異なった形式で子供の世話をよくしています。子供を大声で叱ることはなく、優しい言葉で話し、どんなによくない子でも悪口をすることはありません。自分の子供を友達にして強制しないで話し合います。

·       自分の子を尊重し、丁寧に扱います。地下鉄、スーパー、レストランなどの公共の場所では子供を大声で叱ったり、処罰したりしたら、子供を虐待しているように回りの人の反応目つきに遭うはずです。

·       子育てのことを悪口することなく、逆に自分のよくない点を分かち合うことが多いです。そのおかげで、他のお母さんからの同情をもらい、完璧なお母さんになるように必要がありません。

·       自分の子を尊重し、丁寧に扱うが、教育には規則を守ります。ほしいものは何でも手に入るという子供の無理な要求を甘えることはありません。小さいから優先されることはないと子供によく教えています。

·       お母さん方、特にドイツ人のお母さんが初めに子供に教えたのは“ノ”という言葉です。“ノ”といったとき、子供がその意味がよくわかるようにドイツ人のお母さんは真面目ではっきりして言い、 “どうしてしてはいけないか”と説明してあげます。まだあまりわからない子には“ノ”という言葉をよく繰り返すと慣れてきます。子供の脳は空いている箪笥のようですから、“ノ”という言葉は初めに入れるものです。

·       それでヨーロッパ人の子供が友達と遊ぶのは独立で自覚です。お母さんは“ノ”というと“してはいけない”と子供がすぐわかっています。もっと大きくなったら、だんだん個人的な性格を持ち、相談と交渉が必要になります。その時、お母さん方は子供に“してはいけない”という理由を詳しく説明してあげ、お父さんも協力する必要があります。なぜかというとお子さんはしばしば第三者を呼びかけているから、お父さんもお母さんも一致したとき第三者を見つけるのは無理だとわかり、「それはだめだ」と納得できます。

·       父母の方針は最良の解決方法が見つけられるように子供の友達になることです。ご両親がいつも正しく、子供を自分の意見に従わせるのは全くちがうことです。その一方、子供の友達になるために子供が“ノ”という時、ご両親も子供のご意見を尊重する必要があります。

·       それぞれの子供が自分なりに発達すると考えられていますから、その子を他の子あるいは兄弟に比較することはだめです。そうしないと両親はしょっちゅう悩んだり、子供に不平等を与えたりして、子供は兄弟・友達より劣っていると感じています。

·       ご両親は子供に早期から独立性、一番小さいことさえを身につけさせます。お母さんが何かをするとき、子供に案内し、一緒にやらせます。“触るな。母はするほうが速いだ”と言わないでください。お母さんはするのが本当に速いだが、ご両親がやってくれるばかりだとすれば子供いつまでも自分でできません。ご飯を作るとき子供に米をとらせ、洗濯するとき子供に自分の服を洗濯機に入れさせてください。部屋を掃除するとき子供がする場所を指定し、雑巾で拭かせます。特に、ゴミなどはゴミ箱に入れることです。子供は速く学び、長く覚える可能性があるので、一回しか教えないとすぐ意識して覚えています。それらは子供の観察能力と手先を訓練しているのです。

·       子供に早期からお金が使えることを教えてあげます。それに対して、お金は人のよくない意欲を刺激するため、子供に早くお金を使わせないと思うベトナム人が多いです。子供に何かを買わせるとき、子供に払わせ、“お金を払わないと物を持って行ってはいけない。それはだめだ。”と教訓します。言い繰り返すと、子供は意識してきます。その物の価格はいくらか家族の予算に合うかなどを子供に教える必要があります。

 “お金があれば何でも買える”と教えてはいけません。また、何でも子供のほしいものがあれば他の子と負けないように買ってあげるのはよくないことです。それは子供のねだる性格を作り、最悪なのは万引きになることです。特に、ユダヤ人は子供に早くお金の価値を理解させることは労働の価値を意識するのに役立つと考えられています。ユダヤ人の子供は3歳からお金の価値を分別することを教えられます。4歳にはご両親と一緒に簡単な物を買い物し、お金を払わせます。5歳にはお金は労働から来るとわかり、適当に消費できます。6~10歳まではより大きい金額を預かり、その管理するのを学んでいます。10歳になると自分の口座をっ持っています。多くの家庭には子供が家事をするとき、小遣いをボーナスとしてあげます。

·       子供の世話をよくするのは良い両親とは言えないと考えられています。子供をそのままにしてはいないが、甘えすぎないし、子供はぬいぐるみだとは思いません。子供に独立性を教えるのに注目し、子供が早いから自分の世話をするスキルを身につけさせます。それなら、ご両親も楽なり、子供にもいいです。

·       生まれながらの子供に親切に話し、回りの世界を教えています。読書の慣習を訓練します。特にイスラエールではユダヤ人の子供は早期から読書し、貴重な本は次世代にわたり継承されています。本棚は子供のベッドの近くに置きます(イスラエールでは4500人に当たり貴重な本を持つ図書館が一箇所あります。全国に千箇所の共通図書館があります。)

·        “胎児と天才”の胎教育学という説と06歳までの早期教育に関心を払います。特に、イスラエールではこれらはトフラン経とタルムドズ経に書いてあります。だからこそ、胎児と話し合ったり、軽い運動、妊娠の数学解答などはお母さん方が胎児の知恵を発揮させる方法です。科学者は一般の人は脳の1%しか使用しないとされていますが、アルベルト・アインステイン天才には35%でした。したがって、胎児教育と早期教育は天才を生産できるように神経ニューロンを結び付ける可能性を増やさせ、脳の潜在力を最高に発揮させることです。

·       幼稚園には遊ぶものがたくさんあります。庭には砂場、シソ、滑り台、登り紐などがあり、室内には楽器、おもちゃ、ぬいぐるみ、人形、布団、畳、セロテープ、色紙などがあります。 これらの物の共通点は子供の知恵と想像力を発揮させることに役立つことです。それらの国ではモンテッソリ教育方法に従わなくても、モンテッソリの教育精神を応用することです。すなわち、子供がいい遊びがあるように、教室内あるいは外室の揃った物を利用し、遊び方を考える必要があります。自由に自分なりのことをすることができます。先生方は干渉しなくて、遠いところから観察し、サポートするだけです。

·       小学校では先生方は子供の自然的な勉強力を刺激することに注目しています。子供は新しいことに興味があり、子供を一日中クラスでじっと座らせるならつまらなくなります。逆に自由に遊んだり勉強したりするのは新しくて面白いことなので、子供は誰もわくわくして一生懸命聞いています。

·       子供たちは遠足、部活動、運動会、音楽会、コミュニティーイベント、交流会、そして芸術の展覧会などに参加されます。これらの活動を通じて、子供は真面目な社会人としてのマナを教えられ、最小の行動でも独立できます。

·       それらの国では、小学校教育は知識の教育ではなく、子供の全面的な発達の条件を作り、子供の友達になることと部活動に注目しています。学校は社会人になる基礎、自信・正直・良善・平等・寛容・独立などを作ることに重視します。すなわち、小さいころから子供は文化の基本的な価値を学び、訓練されます。言い換えると、人格を教育してから、知識を教えることを重視しています。

·       今日、全世界の教育者と先進国の両親たちは0-6歳の時期が教育の黄金時期であることに意見を統一である(「早期教育」と「幼稚園までに遅く」をご覧ください)。また、「すべての子供は生まれる時に同じであるが、しかし、将来に才能になれる子供もいるし普通の人や頭が良くない人になれる子供もいるのでしょうか。子供に対して、住環境は大きな影響の役割を持っているので、最も重要なことが生まれつきの才能ではないで、人生の最初の6年間時期にもらえる教育方法と住環境である。」という意見にも同意する。では、子供の住環境と教育環境に関する世界の先生たちの講説をご参考してください:「批評家の間で住んでいる子供は批判することを学ぶ。敵対的な雰囲気に住んでいる子供は常に戦う。恐れを抱いて生きている子供は危惧する習慣を学ぶ。困難な状況に住んでいる子供は同感を学ぶ。敵意の雰囲気に住んでいる子供は野心を持っている。寛容の雰囲気に住んでいる子供は忍耐の性格を学ぶ。励ましてもらった子供は丈夫な自信を持っている。適当に誉めてもらった子供は回るのことを尊敬することを学ぶ。誇りと住んでいる子供は努力することを学ぶ。共に分け合うことから子供は寛大になれる。誠実と公正と住んでいる子供は真実と正義を学ぶ。幸せに住んでいる子供は世界が素晴らしい生きる場所であることを学ぶ。」 そして、友達を作ることについて、ベトナム人の両親は「インクに近くにいると、黒くなって、光に近くにいると、明るくなる。」と言いながら、ユダヤ人の両親は子供を「犬と遊ぶと、ノミが自分につく。」及び「賢明な人と結合すると賢明になれる。まぬけと結合すると、まぬけになれる。」と「真の友人は丈夫なテントのように人間を守られるし、人生の貴重な宝物である」を教えてあげる。

·       国家は変えたいなら、まず人、特に国の将来世代になる若い世代を変えることが必要です。ますます発展していく社会を作るために、ご両親が参考できるようにいくつかの国の子供教育方法をまとめに紹介致します。

日本風の子育て

フランス風の子育て

ユダヤ人の子育て

アメリカ人の子育て

日本国際学校

.学校は、定期的に生徒、学生及び先進的なスキルの取得願望を持っている方に対して次に関連する無料の教育クラスを開く:速読、マインドマップ、記憶トレーニング方法(当イメールへ申込してください)

.学校は定期的に早期教育、「モンテッソーリ教育方法」及び「どのようにあなたの子供の成功を支援できる」について保護者との会談を開催する(当イメールへ申込してください)

.学校は常に「自然災害の防止·軽減のためのスキル」を案内・指導する(当イメールへ申込してください)

 

 

Trở về đầu trang
Print: Print this Article Email: Print this Article Share: Share this Article